新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
地球の頂上の島
by Dido (05/25)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by パラディオン (05/12)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by さら (05/11)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by パラディオン (10/03)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by みー (10/02)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by パラディオン (09/11)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by aniki (09/11)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by パラディオン (09/06)
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!
by ちか (09/05)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by パラディオン (07/05)

新着トラックバック

ブログ内検索

プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.

この図はこんにち世界各地で目撃されている未確認非行物体、すなわちUFOである
この事実は人類以外の生物が地球を訪れている証拠なのだろうか?
これはアメリカ合衆国公文書保管局にファイルされているUFO目撃報告に関して合衆国政府が行った調査報告をドラマ化したものである
この物語を御覧になってUFOの存在を信じる信じないは貴方が決めることです

これは『プロジェクトUFO』という番組の冒頭のナレーションです。

1978〜1979年に米国のテレビ局NBCで制作放映されたテレビ番組で、アメリカ空軍のUFO(未確認飛行物体)調査報告書を元に制作されたドキュメンタリー・タッチのドラマ。
プロジェクト・ブルーブックの二人の調査官が、実際にUFOを目撃した人々に会い、事件を検証していくというストーリーでした。

『Xファイル』のような番組が30年近く前に作られていたのですね。

これは、私が今までに見たSFドラマの中でも1、2を争う面白さで、テレビの前に釘付けとなってしまいました。

UFO関連の番組で良く耳にするプロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)ですが、1950年代から1960年代後半にかけて実際に活動していた米空軍のUFO研究セクションで、ブルーブックそのものは架空のものではありません。

元々は、ロシアなどの外国による破壊兵器かどうかを調べる目的で始められたというプロジェクト・ブルーブックには1万3千件ものUFO目撃例があり、その中から信憑性が高いものを番組用に選んだとの事。
番組にリアリティがあったのは、実際にプロジェクト・ブルーブックの調査官だったウィリアム・T・コールマンがスタッフに加わった事も大きかったようです。

目撃談をそのまま映像化したため、さまざまな形状のUFOが登場するというのが番組の大きな見所でした。


ミニチュア・モデルを製作したのはブリック・プライスが経営するムービー・ミニチュアズ。ミニチュア模型専門の会社で、同じ頃には劇場版『スタートレック』も手がけています。
ロボットが『禁断の惑星』のロビーにそっくりだったり、UFOがミレニアム・ファルコンに似ているというのはスタッフのお遊びでしょうか。

番組の基本設定では、UFO(エイリアン)は実在する事になっていました。調査官の二人がエイリアンの存在を確信するものの物的証拠を得る事ができずに、あと一歩でUFOを取り逃がしてしまうという話が多かったのですが、UFO事件の信憑性を調査するというストーリーは、推理小説の謎解きのようでとても楽しかったのを覚えています。

アメリカ3大ネットワークの中でもトップの視聴率だったというこの番組も、日本ではローカル局のみの放送。

というわけで、この番組を知っている人はあまりいないと思われます。実際、友人に話をしても知っている人はほとんどいませんでした。何故、これほどの人気番組がローカル放送? まぁ、私は千葉テレビで見る事ができたからよかったのですけど・・・
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事