新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
地球の頂上の島
by Uvznnmpo (10/11)
地球の頂上の島
by Dvqqvwen (10/11)
地球の頂上の島
by Lntceopd (10/10)
地球の頂上の島
by Yjkyjcxa (10/10)
地球の頂上の島
by Qxrucpad (10/10)
地球の頂上の島
by Mwchfsau (10/09)
地球の頂上の島
by Nsbphynj (10/09)
地球の頂上の島
by Cgvraxyy (10/09)
地球の頂上の島
by Vbqyltdd (10/09)
地球の頂上の島
by Yjvigiyq (10/09)

新着トラックバック

ブログ内検索

スターレジェンド

先日、『宝島』(1950)を久しぶりに鑑賞しました。監督は『宇宙戦争』で有名なバイロン・ハスキン。

やっぱり、ディズニー映画は安心して楽しめるなぁ、と。
ちょっと子供向けかもしれませんが、大人でも十分に楽しめる作品です。

それで思い出したのが、1987年製作の『スターレジェンド』

これ、見た人いるかなぁ・・・

どんな内容かといいますと、

ジム少年の母親が経営する宿屋ビリー・ボーンズという謎めいた男が死亡する。
彼が隠し持っていた地図をジムが発見するのだが、そこには伝説の海賊フリントが残した財宝の在りかが記してあった。
ジム少年は、リブシー先生やコックとして雇われたジョン・シルバー、スモーレット船長らと財宝を求め、エスパニョーラ号で宇宙へと旅立つ。

つまり、舞台が宇宙になっただけで、『宝島』そのまんま。黒犬、アロー、ベン・ガンなど、主な登場人物も全て登場し、結末もほぼ同じ。

というわけで、この作品についてあまり語る事はありません・・・ちなみに、テレビ放送時のタイトルは『銀河アドベンチャー/SF宝島』だそうです。

イタリア、西ドイツ、フランス、アメリカの合作という壮大なプロジェクトで、制作費は約31億円。なかなか個性的な俳優さんたちが出演しています。

ビリー・ボーンズに扮するのは、一度見たら絶対に忘れられない顔のアーネスト・ボーグナイン、そして一本足の男ジョン・シルバー役はアンソニー・クイン。どちらも一見怖いけど、笑顔が素敵な俳優さんです。


映画全編に渡って特撮が満載、スケールの大きなスペース・オペラといった趣の作品なので、SFファンならば楽しめる作品である事は間違いありません。


レンタル屋でこの作品に出会い、その後ワゴンセールで1本100円で全4巻を購入!

それにしても、284分って長い、長すぎる・・・
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事