新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
地球の頂上の島
by Uvznnmpo (10/11)
地球の頂上の島
by Dvqqvwen (10/11)
地球の頂上の島
by Lntceopd (10/10)
地球の頂上の島
by Yjkyjcxa (10/10)
地球の頂上の島
by Qxrucpad (10/10)
地球の頂上の島
by Mwchfsau (10/09)
地球の頂上の島
by Nsbphynj (10/09)
地球の頂上の島
by Cgvraxyy (10/09)
地球の頂上の島
by Vbqyltdd (10/09)
地球の頂上の島
by Yjvigiyq (10/09)

新着トラックバック

ブログ内検索

ネモ船長と海底都市

『ネモ船長と海底都市』(1969)

まずはあらすじをビデオ・パッケージの裏側から

19世紀末、リンカーン大統領の意を受けてヨーロッパに向かった上院議員らを乗せた客船が沈没。わずか6人の乗客が生き残り、ネモ船長率いる〈ノーチラス号〉に救われ、美しい海底都市へと連れていかれるのだったが・・・。ジュール・ヴェルヌの原作を元に、SFXの技術の粋を駆使した海洋冒険映画。

というわけで

この作品はヴェルヌの『海底二万里』の設定を借りたオリジナル・ストーリーの映画。

えーと、私の場合ですね

地底や海底に別世界が在るという設定、あるいはノーチラス号という言葉の響き

これだけでも映画に感情移入できてしまいます。

我ながら本当に単純だなぁ、といつも思うのですが・・・

小学校時代に図書館で読んだジュール・ヴェルヌがトラウマにでもなっているのですかね? 悪い意味ではなく。

で、映画の出来はどうなのか、と言いますと、これが何とも微妙な・・・

オリジナル・ストーリーとはいえ、設定・キャラクターともディズニー版『海底二万哩』(1954)を意識してつくられたのでは、と感じてしまうところからしてちょっと微妙。

・船の難破

・ノーチラス号による救出、

・金塊などは貴重品でもなく、いくらでも採れる

・地上への帰還を禁じられ、ネモ船長と対立

・金を持ち帰ろうとする姑息なキャラクターの存在

ほとんど同じです・・・

ディズニーにしてはハードな作風だった『海底二万哩』にヒロインと子供を追加して、よりファミリー向けにした印象です。

これは、何と言えばいいのか・・・

アクの強さみたいなものを全く感じないというか、何と言うか、あまりにも普通すぎるといいますか・・・

あ、そうだ! 中途半端なんですよ、この作品。あらゆる面において。

って、ずいぶん失礼な事を言っているような・・・

例えば海底都市テンプルメア


海底世界の優れた科学力、地上の人間には想像も付かない別世界、ユートピアを表現したかったのでしょうが、残念ながら全てが中途半端な印象。

これらのシーンで視聴者の度肝を抜くような美術、デザインを見せる事ができたら良かったのでしょうが、出来上がったものはスケール感に乏しく、観光ホテル程度にしか見えないのが残念。
ペンギンや演技をするオットセイがいるし、ユートピアのイメージも安直すぎて、仮装パーティーにしか見えないし・・・

続いてはノーチラス号


このデザイン、好きです。ただ、内装がそれはど目を見張る出来ではないので、やっぱりこれも中途半端な印象を与えてしまいます。

でも

水中の場面はなかなか素晴らしかったです。クライマックスでのノーチラス1号、2号によるアクションシーンはなかなか見ごたえのあるものでした。

水中撮影にはかなり力を入れているようで、建設シーンや水中牧場も素晴らしい映像でした。これらはこの映画の見どころの一つと言って良いでしょう。

あと、役者さんですが

ネモ船役のロバート・ライアンはともかく、この映画のヒーローでもある上院議員役がチャック・コナーズというもの微妙


ミスキャストとまでは言いませんけど、顔がでかくて四角くて、ちょっとゴツ過ぎるというか・・・

さらには

子役の演技が下手すぎ

水と空気を作り出す装置のヘンテコなデザイン

閉所恐怖症の患者が圧力計を操作しただけで、街全体が壊滅状態

エイが巨大化しただけの怪物

などのトホホなシーンも多数・・・

でも、決して出来が悪い映画ではないと思っています。お勧めはしませんけど。

ノーチラス号のデザイン、金色に輝く海底都市テンプルメアと内部の描写

これらは私の単純な脳みそを心地よく刺激してくれました。安心して見ていられるという事もあり、じつはお気に入りの作品だったりします。

えー、最後に

この作品を見るたびに必ず思い出す事が二つあります。

一つは『緯度0大作戦』(1969)

この手の映画を見ていていつも思うのは、ここに永遠に住めと言われたら自分だったらどうするかなぁ、という事。

で、「緯度0」は住んでもいいけど、「テンプルメア」は狭すぎて嫌だなぁ、と。

二つ目はチャック・コナーズを見ている時に必ず浮かぶ「天知茂」の顔。

あまり似てないですけど・・・
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事