新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
地球の頂上の島
by Tutkcsgd (12/09)
地球の頂上の島
by Uvznnmpo (10/11)
地球の頂上の島
by Dvqqvwen (10/11)
地球の頂上の島
by Lntceopd (10/10)
地球の頂上の島
by Yjkyjcxa (10/10)
地球の頂上の島
by Qxrucpad (10/10)
地球の頂上の島
by Mwchfsau (10/09)
地球の頂上の島
by Nsbphynj (10/09)
地球の頂上の島
by Cgvraxyy (10/09)
地球の頂上の島
by Vbqyltdd (10/09)

新着トラックバック

ブログ内検索

燃える昆虫軍団

パニック映画が流行した1970年代には繰り返しテレビで放送されていた『燃える昆虫軍団』(1975)

放送されるたびに怖いもの見たさでしっかりと鑑賞していた記憶があります。

強烈なインパクトがあった作品、と言いたいところですが、単に私がゴキブリなどが大嫌いなのでそう感じただけかも知れません。

今までに見た映画の中で最も怖い、というよりも、トラウマになりかねないほど気色悪かった作品の一つです。

今ひとつテンションが上がらないのですが、どうしても自分のブログに残しておきたい作品でもあるわけで・・・

まずはあらすじをビデオパッケージの裏側から

タッカー農場に異変が起きた!! 地震による地割れから火を吹く昆虫が這い出して人や獣を次々に襲い始めたのだ。調査に乗り出したパルミーター博士は昆虫達が炭素を食物にしており、動物を焼き殺しては燃えかすを食う事を知る。そして、家もろとも妻までも焼き殺されてしまった博士は復習の鬼と化して昆虫絶滅の研究に打ち込むが…。

という作品なのですが

映画全編を通してひたすら昆虫と戦うといった内容ではなく、ちょっと異色な作品と言ってもよいのかもしれません。

映画の前半は、地震により地下から出現した発火能力を持つ昆虫が人間や動物を襲い始めるが、気圧の変化に対応できずに自ら滅んでしまうところまでが描かれています。

普通の昆虫パニック映画ですが、発火する昆虫というアイデアがいいですね。いかにも70年代風でありながら、それなりに洗練された映像も良い雰囲気です。

そして映画の後半

その生き残りを捕獲した生物学の博士がゴキブリと交配させた結果、発火能力と高度な知能を持ち合わせた新種が誕生してしまい、逃げ出した昆虫達に博士が襲われる、という展開。

次第にマッドサイエンティスト物のようなテイストになってきます。

研究シーンでも本物のゴキブリを画面いっぱいに映すものだから、気持ち悪くて・・・

気持ち悪くて、いつものように画像編集が出来ないので youtube で見つけた予告編をリンクしておきます。

虫が嫌いな人は見ない方が良いです。



リンクが切れた場合はこちらで

http://palladion.fantasia.to/bugtrailer.mp4

この作品がどのように評価されているのか知りませんけど、人によって評価が分かれそうな作品だなぁ、と感じます。

まず、虫が大丈夫な人と嫌いな人では、おそらくこの作品の見方が全然違うでしょう?

また

後半いきなりマッドサイエンティスト物へと路線変更するのも、「飽きさせないための工夫がされている」と解釈するか「一貫性がなく意味不明」と感じるか?

さらには

進化したゴキブリが知能を持つという設定


爆破シーンを見つめるゴキブリ。集団で壁に「We live」と文字を描くゴキブリ・・・

「もしかしたら現実に起こるかも」といった恐怖を感じるか、「いくらなんでもやりすぎ」と苦笑してしまうか?

昔はメチャメチャ怖かったです、これ。

そもそもゴキブリが生理的に駄目な私がこの映画を客観的に評価するのは不可能であります・・・

昆虫が嫌いなものの、個人的にはなかなか見ごたえのある作品だと思っていました。


教会での地震のシーン

まともな科学者が常軌を逸脱した精神状態になる過程の描写や役者さんの狂気の演技

地割れの部分が真っ赤に輝き、昆虫達が地下から飛び立つシーン

本当に虫が発火しているように見える特撮

猫が襲われるリアルなシーンや昆虫自体が焼け死んでしまいそうな迫力のある出火シーン

などなど

この映画には「良く出来ているなぁ」と関心してしまうシーンも少なからずありました。

映画のラストは定石通り、科学者が自ら生み出したモンスターに襲われて破滅。昆虫ともども地割れから地下に転落して THE END となります。

昆虫達が絶滅したのかは微妙・・・

最後に

この映画につかわれたゴキブリですが

多分これ。やっぱり苦手な人は見ない方が良いかと。

Gromphadorrhina portentosa

このゴキブリ、ペット用なんだとか・・・

この作品見た後には飯が食えなくなりますよ、ホント。気持ち悪いので、早く次の記事を書かなければ・・・
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事