新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎
by スーパーコピーブランド専門店 (03/12)
SF映画のテイストのこと
by スーパーコピーブランド激安通販専門店シャネルバッグコピー品 (03/11)
タロスのエクスプラス製フィギュア
by スーパーコピー ルイヴィトン france (02/20)
ハリーハウゼン映画の役者さん その4
by カルティエ バック スーパーコピー (01/05)
タロスのエクスプラス製フィギュア
by スーパーコピーブランドN品 (10/22)
ロスト・ワールド
by パラディオン (10/21)
ロスト・ワールド
by esme (10/20)
ロスト・ワールド
by パラディオン (10/14)
ロスト・ワールド
by esme (10/14)
ロスト・ワールド
by esme (10/13)

新着トラックバック

ブログ内検索

スパイキッズ2 失われた夢の島

レイ・ハリーハウゼンを崇拝するロバート・ロドリゲス監督の『スパイキッズ2 失われた夢の島』 

原題は THE ISLAND OF LOST DREAMS

ロバート・ロドリゲスという人は元々監督としてデビューしたのですが、この作品では製作、脚本から特撮の総指揮までこなしているそうです。

ジェームス・ボンドの子供版とも言えるこの作品の続編なのですが、注目したいのはクライマックスで登場するモンスターの数々。

色々な動物のパーツを付け替えただけのようなモンスターたちは、ちょっと創造性には欠ける気もしますけど・・・

上の写真は正義の味方クモゴリラ。クライマックスで悪者のモンスターと対決するキャラクターです。登場するモンスターは全てCGで描かれているのですが、モーションブラーを抑えて、あえてストップモーションのフリッカーを再現しようとしているところがミソ。とはいっても、言われて見ればそうなのかなぁ・・・といった程度ですけど。

面白かったのは財宝を守る役で登場した骸骨剣士。シンドバッドを彷彿とさせるチャンバラシーンもあるのですが、コメディー作品なので非常にコミカルな動きを見せてくれます。これは必見!


というわけで、この映画はハリーハウゼンへの愛に満ちた作品。21世紀になってもハリーハウゼンの影響力は大きいようです。
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事