新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎
by スーパーコピー 時計 寿命 vaio (08/02)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by パラディオン (06/30)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by PUFO (06/30)
スターレジェンド
by おこたんぺ (06/17)
スターレジェンド
by パラディオン (06/17)
スターレジェンド
by おこたんぺ (06/17)
黒い蠍
by パラディオン (12/09)
黒い蠍
by na (12/09)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by パラディオン (12/02)
プロジェクトUFO/PROJECT U.F.O.
by 98ばら (12/01)

新着トラックバック

ブログ内検索

ピート・ピータースン

ホームページで詳しく取り上げているストップモーション・アニメーターはウィリス・オブライエン、レイ・ハリーハウゼン、ジム・ダンフォースの三人。まぁ、特撮界の巨匠といった人たちです。

当たり前の事ですが、優れたストップモーション・アニメーターは他にもたくさんいるわけで、ウィリス・オブライエンの片腕と言われたピート・ピータースンもその一人。

ウィリス・オブライエンの片腕

(-_-;)うーむ

つまり、あまり良い作品に恵まれなかった、という事・・・


1905年生まれのピータースンは、元々はアニメーターではなく、RKOスタジオの社員。ハリーハウゼンを見ながら独学でアニメーションを学んだピータースンは、ウィリス・オブライエンに認められ、『猿人ジョー・ヤング』(1949)にハリーハウゼンに次ぐセカンド・アニメーターとして参加。アニメーターとしてはかなり遅いスタートだったわけです。

『キングコング』のウィリス・オブライエンが作った作品として語られる『黒い蠍』(1957)ですが、この蠍をアニメートしたのがピート・ピータースン。ストップモーションで動き回る巨大な蠍の大群は大迫力で、ストップモーション特有のフリッカーが不気味。この蠍の動きだけで映画史に名を残しているのかもしれません。上の写真がその『黒い蠍』です。

五年後の1962年にピータースンは病死してしまいます。

ストップモーション・アニメーターとしてはあまりいい作品に恵まれなかったようですが、そのテクニックはかなり高度なものだったと思います。前出の『黒い蠍』のDVDにはピート・ピーターソンの死後、デビッド・アレンやジム・ダンフォースらによって発掘された『ラスベガス・モンスター』や『ビートルメン』のテスト映像が収録されていて、そのアニメーションの正確さと滑らかな動きを確認する事ができます。

ピート・ピータースンを知るには、『黒い蠍』のDVDは恰好の資料と言えるでしょう。レンタルもされているのでお勧めです。
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事