新着アーカイブ
インビジブル・インベーダーズ/Invisible Invaders
(2014/1/26 21:38)
恐竜時代
(2014/1/4 21:07)
近未来予想2010
(2014/1/1 22:24)
キャプテン・シンドバッド
(2013/12/15 22:37)
原始獣レプティリカス
(2013/11/25 23:17)
The Puppetoon Movie/パペトゥーン・ムービー
(2013/11/18 00:27)
猿の惑星
(2013/5/6 15:41)
『ヒューマノイドの創造物』Creation of the Humanoids
(2013/2/19 21:53)
ウルトラマンのことなど
(2013/2/3 21:43)
SF映画のテイストのこと
(2013/1/27 23:46)

新着コメント
ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎
by スーパーコピーブランド専門店 (03/12)
SF映画のテイストのこと
by スーパーコピーブランド激安通販専門店シャネルバッグコピー品 (03/11)
タロスのエクスプラス製フィギュア
by スーパーコピー ルイヴィトン france (02/20)
ハリーハウゼン映画の役者さん その4
by カルティエ バック スーパーコピー (01/05)
タロスのエクスプラス製フィギュア
by スーパーコピーブランドN品 (10/22)
ロスト・ワールド
by パラディオン (10/21)
ロスト・ワールド
by esme (10/20)
ロスト・ワールド
by パラディオン (10/14)
ロスト・ワールド
by esme (10/14)
ロスト・ワールド
by esme (10/13)

新着トラックバック

ブログ内検索

シンドバッド火星への航海

以前に『タイタンの戦い』(1981)以降に企画された『シンドバッドと世界の七不思議』について書きましたが、今回はそれよりも前の『シンドバッド虎の目大冒険』(1977)の後にハリーハウゼンが企画したシンドバッド物について。

タイトルは『火星のシンドバッド』又は『シンドバッド火星への航海』

1970年代後半といえば、『スター・ウォーズ』が公開され世界的にスペース・オペラが大ブームとなっていた頃で、『シンドバッド火星への航海』もこのブームに影響されて企画された事は明らかです。最初の頃に作られたプロットは、『フラッシュゴードン』のような、まさにスペースオペラといった物語だったようです。

当初、誰もがこのプロジェクトには好意的で、シンドバッドと火星の進歩した人類が出会うというストーリーは難しいが決して不可能なレベルではない、と考えられていたようです。プロデューサーのチャールズ・H・シニアは脚本を『シンバッド七回目の航海』(1958)のケネス・コルブに依頼。まさにやる気満々といったところ。

何度か改訂され、エジプトのピラミッドからの出発、触手を持つ惑星、地殻変動による火星の崩壊などが盛り込まれたプロットは後の『スターゲート』に酷似していたとの事です。

他には、火星のスフィンクス、ウナギのような管状の宇宙生物、火星の運河のクラゲ状のモンスターなどが考案されていたようですが、ハリーハウゼンにとっては難解に感じられたのか、スケッチの類は一枚も描かれていません。

一番上の写真はオベリスク(方尖塔)といって、古代のエジプトで多く製作され、神殿などに立てられた記念碑の一種です。火星の宇宙船はこれをイメージしてデザインされる予定でした。ハリーハウゼンのスケッチが残されていないので、今回はこれを載せてみたという次第です。

結局は『タイタンの戦い』(1981)で忙しくなり、この企画は流れてしまいました。しかし、当時はハリーハウゼンの次回作として堂々と雑誌に紹介されていました。

この企画が実現しなかった理由は色々と考えられますが、一番の理由はハリーハウゼン自身が乗り気ではなかった、という事ではないでしょうか。「SFというジャンルでは、冷酷で暴力的なものや、セックス描写が好まれるようになってしまった」とインタビューでハリーハウゼンは語っていました。

確かに『スター・ウォーズ』以降に量産されたスペースオペラではそういった暴力的な作品が多く、ファンタジーが受け入れられる時代ではなかったのかもしれません。仮に『シンドバッド火星への航海』が実現していたとしても、それはハリーハウゼンの作品とは呼べないような代物だったかもしれません。
コメント
コメント一覧
トラックバック一覧
カテゴリー
レイ・ハリーハウゼン(39)
SF・ファンタジー(174)
Toy(15)
ミステリー(3)
日本映画(2)
その他(12)

過去記事一覧
全ての記事